読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐った海で溺れかけている双極性障害な私

双極性障害との自分なりの付き合い方を模索していく記録。趣味や気になったことも書いていきます。

双極性障害での薬物療法(ざっくり説明)

双極性障害

 

さて、今回は双極性障害初心者の人向けの記事かなー。

 

間違った内容があると良くないので、

ここは違うよ!ってなところがあったら教えてください。

 

 

薬って不安ですよね

 

双極性障害と診断されて、いきなり聞きなれない薬を出されてどんどん量が増えていって…。

本当に正しい処方なの?この量で大丈夫なの?薬漬けにされない?

なんて不安になる人も多いんじゃないでしょうか。

 

処方された薬に

・どんな効果があるのか?

・どんな意図で処方されたのか?

患者側も理解する必要があると思います。

 

医者に対して不信感を持ったままでは、治療もうまくいきませんしね。

 

 

気分安定薬

 

双極性障害における薬物療法では、気分安定薬による予防が基本とされています。

 

抗うつ薬は持ち上げる効果のみですが、

気分安定薬躁状態うつ状態の波を小さくする働きがあります。

 

代表的なものは、

リーマス(炭酸リチウム)

デパケンバルプロ酸ナトリウム

テグレトール(カノレパマゼピン)

・ラミスタール(ラモトリギン)

あたりです。

 

因みに私はラミクタールを飲んでいます。

 

 

抗精神病薬

 

抗精神病薬統合失調症の治療に使われている薬ですが、双極性障害躁状態にも効果があるとされています。

気分安定薬と併用されることが一般的です。

 

うつ状態を持ち上げる効果があるとされているものもあります。

 

代表的なものは、

ジプレキサ(オランザピン)

エビリファイ(アリピプラゾーノレ)

リスパダール(リスペリドン)

セロクエル(クエチアピン)

あたりでしょうか。

 

因みに私はセロクエルを頓服で飲んでいます。

 

 

何で薬を調べればいいの?

 

調べるっつたってなに見りゃいいんだよ!って人はこちら。

私が参考にしているサイトです。

薬品名でググるとだいたいこのサイトが出ます。

 

www.jah.ne.jp

 

 

まとめ

 

さて、本当にザックリ説明しました。

小難しい作用機序とか省きます。

 

基本は気分安定薬

より躁状態を抑えるのが抗精神病薬

くらいに覚えておけばいいんじゃないですかね。

 

処方された薬を知ることは、双極性障害の波を抑えるのに必ず役に立ちます。

ただし、人によって現れる効果・副作用は違うので、他人の体験談はあんまり当てにしないほうがいいと思います。

信頼できそうなサイトで調べるか、もしくは先生から説明を受けましょう。

 

 

次は、どのくらい飲めばいいの?ってなことを書いていこうと思います。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村